ベストリッチ

Pt1000とPt999は何が違う?大阪で高く買い取ってもらうコツもご紹介!

 |  |  | 0

Pt1000とPt999は何が違う?大阪で高く買い取ってもらうコツもご紹介!

貴金属の買い取ってもらう際には、どのような製品を思い浮かべるでしょうか?
大阪の買取店では、金・プラチナなどの貴金属を幅広く買い取ってもらうことができます。
中でも、プラチナには「Pt」というものがあります。
今回は、Ptについて具体的に紹介していきましょう。

■Ptはプラチナの分類を示すもの

Ptは、プラチナを分類するときに用いられるもので、プラチナがどれくらい含まれているかを表すものとされています。
Pt1000と表示されるものは、プラチナが100%に比率で含まれていることになります。
Pt1000は純度が非常に高く、投資用の製品に扱われたり、工業用や産業用商品として使用されるのが一般的です。
投資用としては、コインやインゴットなどの資産として使用されます。
宝飾品においてもPt1000は使用されますが、極少ない割合となっています。
Ptの値が高ければ高いほど、プラチナの純度が高いですが、純度100%のプラチナは実際には製造することができません。
そのため、最高でも純度99.95%のものが使用されています。
よくあるPt1000とPt999の違いについては、特にありません。
というのも、近年ではPt1000という表記からPt999への変更が進んできているという実態もあり、Pt999表記が増加しているという傾向にあるのです。
Pt1000とPt999との表記の違いがあっても、プラチナの純度に変わりはありません。

■ホワイトゴールドとは違う?

Pt1000のプラチナ製品は、純プラチナと呼ばれるほど最高に純度が高いものとなります。
しかし、中にはホワイトゴールドと間違われてしまう人もいます。
プラチナとホワイトゴールドは、全く異なるものです。

・プラチナ
プラチナは、そのままの状態は少し黒味がかった色をしています。
宝飾品として使用する場合、ロジウムと呼ばれるメッキをかけ、光沢感を出しているのです。
たとえメッキが剥がれてしまっても、プラチナ本来の色もほとんど同じ色をしているので目立たないというのが特徴です。

・ホワイトゴールド
ホワイトゴールドは、金に割金をしてできたもので、銀とパラジウムを混ぜてメッキ加工してその色を出しています。
さらに、その上からプラチナと同じくロジウムを塗ってたのものを製品として使用しているのです。
プラチナとメッキを塗るという加工が同様のため、混同される人も少なくありません。
ただ、ロジウムを塗るまでの色が金色であることから、メッキが剥がれてくるとその部分が目立ってしまいやすいのが特徴です。

■婚約指輪や結婚指輪に使用されるプラチナ

プラチナの宝飾品は、婚約指輪や結婚指輪としての製品が多いイメージがあるのではないでしょうか?
特に結婚指輪はプラチナの製品を選択するカップルが非常に多いです。
しかし、Pt1000やPt999のものがこうした指輪に使用されることはほとんどありません。
その理由としては、純度の高いプラチナは耐久性が低く、強度が弱いということが言えます。
また、他の貴金属と比較しても、粘り気が強いのが特徴で、ジュエリーとしては加工しやすい反面、強度が弱くなってしまうのです。
婚約指輪や結婚指輪にしようされている製品としては、Pt950やPt900のものが多くなっています。
ほかにも、プラチナはもともと黒みがかった白色をしています。
純度が高ければ高いほど、宝飾品としては向かず、パラジウムなどの金属を混ぜ合わせて美しい白色を作りだしています。
そのため、Pt950やPt900のプラチナが使用されるのが一般的となっているのです。

■プラチナ製品を売りたい

大阪でプラチナ製品を買い取ってもらう場合、買取価格はどのように変わってくるのでしょうか?
大阪の買い取り店含む全国の貴金属買取店では、一般的にプラチナの純度によって買取相場も変動しています。
また、世界情勢や経済動向によって、急激な価格変動が起こることもしばしばあります。
そのため、買い取ってもらうタイミングも重要となるでしょう。

Pt1000やPt999のプラチナ製品がある場合、それは純度が最も高いということになりますので、買取価格も高額となります。
しかし、インゴッドを買い取ってもらう際には金融商品としての扱いとなるため、税金がかかってきます。
税率に関しては、消費税が関係してくるので注意が必要です。
また、プラチナそのものを買い取ってもらう場合、年間50万円以上、プラチナ製品である宝飾品を買い取ってもらう場合は年間30万円以上のであれば税の特別控除を受けることができます。
まとめて売れば、それだけ買取価格に影響するということなのです。
大阪の買取店では、プラチナはもちろん、金やそのほかの貴金属も買い取ってもらうことができます。
また、壊れているものでも、付属品などの紛失があっても、買い取ってもらえるでしょう。
買い取ってもらえないだろうと処分するのは非常にもったいないです。
買い取ってもらえるかどうかを確認するためにも、1度大阪の買取店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?