【ロレックスの3大発明】オイスターケースのご紹介

オイスターケース

ロレックスの3大発明と言われる機能のうち、1番最初に誕生した発明が
防水を可能にした『オイスターケース』です。
それまでどの時計ブランドも創ることの出来なかった
『防水性能』のある腕時計。
今では当たり前となっていますが、こちらの機能は1926年に
ロレックスが世界で初めて誕生させた機能です。
ヒントになったのは水に潜ることが出来る
潜水艦のハッチだと言われていますが、
名前になっているオイスターケースとは、『オイスター=牡蠣』つまり、
『牡蠣(カキ)のように固く閉じている』ということから来ています。
1927年には英国人のメルセデス・グライツ嬢が
ロレックスのオイスターケースを搭載した腕時計を付けドーバー海峡を15時間かけて遠泳横断に成功したことで、『泳ぐ際でも使用可能な腕時計』として知られました。

しかし、3大発明と言われているこちらのオイスターケースも、
そこまで注目されることは無かったと言われています。

理由は当時のオイスターケース搭載のロレックスは手巻きだった為、
ゼンマイを巻いた際に竜頭の閉め忘れが多く、防水性を失ってしまうことがあった為です。

しかしそれから4年後の1931年、
ロレックスは新たな発明により自動巻き腕時計に革新を起こすことになります。

オイスターケースの仕組み

オイスターケースは1つの金属をくり抜くように作られており、
そこにねじ込み式と言われるゴムパッキンの付いたネジ式の竜頭を採用することにより、
水が入って来ない造りになっています。

その為、こちらの竜頭を閉め忘れると防水性を保つことが出来ず、
中に水が入ってくる為必ず竜頭ネジを締めて使用する必要があります。