ロレックスのブレスレットの種類について

ロレックスのブレスレットには、基本的に大きく分けて『ジュビリーブレスレット』と言われる5列の作りになったブレスレットと、『オイスターブレスレット』と言われる3列の作りになっているブレスレットがあります。こちらでは、それぞれのブレスレットの種類や特徴などをご紹介しています。

ジュビリーブレス

sample

ジュビリーブレスレットは、5列の作りで出来ているタイプのブレスレットです。
真ん中の3列がツヤ加工されており、モデルにより『ステンレス』『プラチナ』『ゴールド』などのコンビモデルや、全てがk18金やプラチナで作られた無垢のモデルもあります。
初期コマ数は22コマで、コマを外すことでサイズ調整が可能になっています。

オイスターブレス

sample

オイスターブレスレットは、3列の作りで出来ているブレスレットです。
モデルにより真ん中部分が『ステンレス』『プラチナ』『ゴールド』などのコンビモデルや、
全てがk18金やプラチナで作られた無垢のモデルもあります。
初期コマ数は13コマで、コマを外すことでサイズ調整が可能になっています。

プレジデントベゼル

sample

1965年にデイデイトの発売時に登場した半円形の3連リンクの金属ブレスレットです。
アメリカ合衆国の第34代大統領アイゼンハワー氏にこのブレスレットを施した
デイデイトが送られたことからこの名が付けられました。
現行品はデイデイトとデイトジャストの一部のみに採用されていて、
クラスプにはコンシールドタイプが採用されています。

パールマスターブレスレット

sample

女性用のパールマスターの為に開発された5連リンクのブレスレットです。
トリドールや貴金属製のみがあり、華やかなデザインのブレスです。