【2月の誕生石】アメシスト

淡い色合いをした紫色(パープル)をしているのが特徴的なアメジストは、
『愛の守護石』と言われている宝石です。

『愛の守護石』と言われるこちらのアメジストには、
良き恋人を巡りよせ、高まり過ぎた愛を抑える力があると言われています。

冷静な判断で、本当の愛かどうかを確かめさせる力があるということでしょうか。

また日本名は『紫水晶』といい、その名の通りアメジストとは紫色の水晶です。

アメジストと呼ばれる語源はギリシャ語の『amethystos』から来ており、
その言葉の意味は『お酒に酔わない』です。

『愛の守護石』から遠く離れている意味合いですが、
こちらはギリシャ神話から来ており、酔ったお酒の神『バッカス』が月の女神の女官である『アメジスト』を猛獣を使い襲おうとした際、それを見た月の女神が襲われそうな『アメジスト』を一瞬にして水晶に変えたと言われています。そして酔いから覚めた『バッカス』は自身の愚かさを反省し、
持っていたワインを水晶にかけ、ワインの掛った水晶が瞬く間に紫色になったと言われています。
この神話から、アメジストはお酒の悪酔いを抑制する為の反省の石としてこの名前が付いたと言われています。

嘘か誠か、アメジストを身に着けているとお酒に強くなるとも言われています。。。