PT1000の買取は大阪ベストリッチへ【金買取】

金と同じくプラチナという言葉をご存知の方は多いと思われます。
表記はPT1000、PT950、PT900など金のように数値化されています。
しかし金表記と違う点は金は24分率で表記されているのに対し
PT製品は数値をそのまま%に当てはめる事ができます。

つまり

PT1000の場合はプラチナが100%
PT950は95%
PT900は90%

と、このようにPTの純度を判別することが可能です。
表記上でPT1000は純度100%を意味するとされていますが
実際のところ純度100%というものは存在せず99.9%が限界の数値です。
本来は表記をPT99.9という表記にすれば正確なのですが
ジュエリーなどの業界の習慣上で未だにPT1000と呼ばれています。

プラチナの純度が高いと高価になってくることは間違いないのですが
PT1000という純度はアクセサリー類の中でも使用されることはほぼほぼありません。

理由としては

プラチナは強度があまり強く方ではなく
純度が高いと黒くなるからです。(正確には黒みがかかった白色)

非常にシンプルですがこれがPT1000を使用されない理由です。

プラチナは柔らかく粘る特性をもっているのでそれを利用し
他の金属を混ぜ、強度を強くしたモノがPT950、PT900です。