ベストリッチ
なんでも買取
買取に強い3つの理由02

大阪で売る前に知っておこう!金・プラチナの税金事情

金やプラチナは所有しているだけでは税金は発生しませんが、売却して利益が出た場合には課税されることはご存知でしょうか?
金の価格は21世紀に上昇してから、売却益をかなり得ている人も多いはずです。
大阪で金やプラチナを売る前に、売買した時に発生する税金事情について知っておきましょう。


■金やプラチナは金融商品

使わなくなった洋服や靴を古着屋さんに売却する時は、どんなに高く売れたとしても税金が取られるということはありません。
これは古着屋さんに限らず、多くの店舗を構えているリサイクルショップについても同じことが言えます。
このことから、物を売却しても税金が取られることはないという概念がある人が非常に多いのですが、実は金やプラチナの買取は価格変動があり金融商品の一つでもあるため税金が発生してしまうことがあるのです。
今は、金やプラチナを物の投資として売買する人が非常に増えているので、買取の一定額を超えると税金がかかるということを知っておく必要があります。


■金やプラチナの買取にかかる税金について

不要になった金やプラチナの買取を検討しているのであれば、売買でどのような税金が発生するのか知っておく必要があります。
プラチナの買取には、消費税・譲渡所得(雑所得・事業所得)という税金がかかります。
数千円または数万円単位の買取の場合は課税されないことが多いのですが、高額な買取取引の場合には税金がかかってしまうことでしょう。
また、金やプラチナそのものの買取時と、それらをあしらったジュエリーの買取によっても税金の金額は変わってきます。
簡単にいうと、買取金額が高額になればなるほど税金もその分発生するという仕組みになっています。


■買取にかかる消費税とは?

金やプラチナだけに限らず、消費税というのは普段から当たり前のように支払っている税金です。
ですから、金・プラチナの買取でも当然消費税はかかってしまうでしょう。
しかし、プラチナの場合は買う時も売る時も必要になります。
プラチナを買う時に消費税が課税されるのは納得できますが、売る時に消費税分が上乗せされた金額で買い取りしてもらうことを知らない方も多いのではないでしょうか。
また、プラチナの買取は買い取りする時の税率で計算されるので、例えば消費税5%の時に購入したプラチナを消費税8%の時に売却すれば、3%分の消費税が上乗せできるという結果になります。
金・プラチナを買い取りしてもらう前に、一度商品を査定してもらい査定額が税込価格なのか税抜価格なのかきちんと確認しておきましょう。


■譲渡所得は買取金額によって変わる

金やプラチナの買取価格が一定額を超えると、譲渡所得や事業所得(雑所得)が発生するというお話をしました。
事業所得の場合は、事業目的または断続的に利益を出すということを目的に売買を行うという税金ですから、個人の買い取りの際には関係ありません。
個人で所有していたものを買い取りする場合は、譲渡所得が関係することになります。
この譲渡所得は、年間の買取価格が50万円超えた時に影響してくるものです。
プラチナそのものの場合は、年間50万円の控除でプラチナのジュエリーの対象になると年間30万円の特別控除となります。
つまり、その上限を超えた買取価格にならない限り、譲渡所得を考える必要はないということです。
年間に何度も金やプラチナを買取している人は、いつ特別控除を超えてしまうかわからないので、自分自身で把握しておくようにしてください。


■譲渡所得の計算式

譲渡所得とは給与など他の所得と合算した総合課税です。
譲渡所得の計算方法は、買取までの保有期間によって異なるので確認しておきましょう。

1.保有期間:5年未満の場合
所得金額=買取価格-(取得費+手数料)-50万円(特別控除額)

2.保有期間:5年以上の場合
所得金額=買取価格-(取得費+手数料)-50万円(特別控除額)×1/2

3.もしも資金を複数持っており、保有期間が5年以上と5年以内に分けられる場合は、5年未満の所得金額を優先して特別控除額を控除した計算を行ってください。

4.その他、売買の資金を営利目的で継続的に行っている場合は、雑所得や事業所得として扱われるため総合課税の対象になります。
個人で判断できない場合には、税務署に問い合わせてみるとよいでしょう。


以前までは、金やプラチナなどの売却益は自己申告制でしたが、申告漏れが急増したため平成24年から支払調書制度が新設されたことで提出が義務化されています。
申告漏れが発覚した時点で、追徴課税の対象になってしまうため負担額はさらに大きくなってしまうでしょう。
そのため、もしも金やプラチナなどの買取によって多額の収益が出た場合には、必ず税務署に申告するようにしてください。
申告に関してわからないことがあれば、依頼する買取専門業者に詳しい話を聞いてみてもいいかもしれません。
大阪で売却を取り扱っている買取専門業者は、基本的に税金に詳しので力になってくれることでしょう。
安心して買取を行うためにも、税金情報を確認した上で利用してみてください。