ベストリッチ
なんでも買取

金の使い道とは?

金と言うと皆様はどのようなイメージが御座いますか?

インゴットのような塊でしょうか?キラキラと輝く宝石?

一般的に知られているのはやはり指輪やネックレスといった宝飾品(ジュエリー)ではないでしょうか。
多くの方が思うように世界全体での金消費量を見ますと宝飾品関係が約70%を占めており、
指輪やネックレスなどの宝飾品として利用されることが圧倒的に多いです。

また、金は性質上腐食やサビなどが無く、電気を通しやすいことから
電気製品などの産業や歯医者で使われる金歯などの歯科用などの用途が約15%を占めているといわれています。

現在では、外れた金歯を買取店に持ち込まれる方が多くなって来ていることからも金の価格が高騰していることが良く分かります。

残りの15%がその他の使用ということになりますので、
金の使用は圧倒的にジュエリーが多いことが解ります。

また、現在金の価格が上がっていることから、金などのジュエリーを資産として買っておこうというのが世界的な流れと言われていますが、金色をあまり好まなくなった日本では貴金属製品のジュエリーやアクセサリーを買取に出す流れになっていると言われています。