ベストリッチ

オリンピックの金メダルは純金?

夏・冬季オリンピックの優勝者に贈られる金メダル。
たった4年に1度、スポーツ選手が魂をぶつけ合い、
世界No,1の成績を残した選手に贈られる正に『世界一の証』金メダル。

自らの人生の中でも絶頂期でしか成しえない、
全てを捧げそれでも1つの競技につき1人しか獲得出来ないNo,1の称号。

この金メダルですが、実は純金ではありません。
ではどうして純金で出来ていないのか?

まず金メダルとは何で出来ているのでしょうか?
金メダルとは、純度92.5%以上の銀製メダルの表面に
6g以上の金メッキを施したものと、オリンピック憲章に定められています。
金メダルは勿論そのメダルに価値があるものですが、
金メダルを金としての価値にすると非常に安くなってしまいます。
これは、開催国の経済状態に考慮していると言われています。
実際、純金でメダルを作るとなると非常にコストがかかるためで、

どの国で開催しても問題ないようにしている様です。
これは、金価格が高騰している現在では見方によればとても良いことだといえます。