k14について

金は劣化などの金属変化が起きずらいことこから加工しやすいこともあり、多くの製品に利用されています。
更にその多く、約70%ほどがジュエリーなどの宝飾品に利用されています。
日本では多くがk18でジュエリーが作られていますが、金の価格が高騰している今、k14の製品も多く作られています。
一般的なk18との違いは、k18が75%の金を含んだ合金なのに対し、k14は58.5%の金を含んだ合金です。純度の違いからも、色味は一般的に使用されているk18と比べると、黄金色が薄い物が多いのが特徴的です。
k14の登場は金の価格が高騰している今に始まった訳では無く、昔から高価な金はk14での指輪やネックレスも多く作られて来ました。
もちろん、k14も金ですので、買取が可能です。
含まれる金の割合が半分程度のk14ですが、金の価格が高騰している今なら非常に高価な資産だと言えます。
k14の買取でご不明な点など御座いましたらお気軽にベストリッチへお問い合わせ下さい。