ザ・ゴールデン・ジュビリー【世界最大のダイヤモンド】

sample

ザ・ゴールデン・ジュビリー

ザ・ゴールデン・ジュビリーは、研磨されたダイヤモンドとして世界一のモノとして広く知られています。
原石は1985年にダイヤモンドで有名なデビアス社が所有する南アフリカの鉱山で産出され、
755カラットあったとされています。
色はオレンジ掛った濃いブラウンでカラーグレードはファンシーイエローブラウン、
カットはファイアーローズクッションカットといわれるカットにより研磨されています。
※こちらで使用している画像イメージは通常のクッションカットです。

ダイヤモンドは一般的に無色透明なダイヤモンドほど高価というのが一般的であった為、
こちらのゴールデン・ジュビリーも1度は研磨などの新しいカットの考案や実験、
試験用として使用される話もあったとされています。

ゴールデン・ジュビリーは、1997年にタイ国王のラーマ9世の治世50周年を記念して、
タイ王室に献上されています。
50周年を英語でゴールデン・ジュビリーということからこちらのダイヤモンドの名前がつけられています。

また、タイの王室に献上されたとされているこちらのゴールデン・ジュビリーですが、
実は多くの国民は献上されたのは大きなトパーズだとされているそうです。
こちらの背景には政府の評価が低下することを恐れた為だとされています。