レッドクロスのご紹介ページ!【ダイヤモンド買取】

sample

レッドクロス

1901年に原石がキンバリー鉱山にて発見されています。
原石は375カラットあったとされています。

オールドカット(クッションシェイプ)が施されており、光の加減によりクロス十字が現れるそうです。

カラーはカナリーイエローカラーで、赤色に近い黄色、オレンジのような色をしています。

1918年に、赤十字(レッドクロス)支援の為、オークションにかけられたことからこの名前がついたとされています。

また、カナリーイエローはカナリアの翼のような綺麗な黄色から来ており、
有名ジュエリーブランドのティファニーに特に愛されているカラーとしても有名です。