カリナンI世のご紹介ページ!【ダイヤモンド買取】

sample

カリナンI世

カリナンI世は別名『偉大なアフリカの星』と言われ、1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見された史上最大のダイヤモンド原石(3106カラット)の一部とされています。
名前は鉱山の所有者であるサー・トーマス・カリナンにちなんで命名されています。

現在最も大きいとされるゴールデン・ジュビリーが産出、研磨されるまでは研磨されているダイヤモンドの中で最も大きいものとされていました。

カリナンは南アフリカの政府に売却され、それから1907年にイギリス王室のエドワード7世へ66歳の誕生日に贈られたと言われています。

王室に贈られた大きな原石のカリナンは、9つの大きな原石と、96の小さな原石にカットされ、
大きな9つの原石には『カリナンⅠ世』~『カリナンⅨ世』までの名前が与えられ、
その全てを今でも王室か王族個人が所有しているとされています。

カリナンⅠ世はその中でも1番大きなダイヤモンドで、Ⅰ世から順番にサイズが小さくなっていっています。

カットは涙のような形にカットされており、原石を分ける際に職人が緊張のあまり気絶したとの伝説も残っています。

現在カリナンⅠ世は王笏(おうしゃく※杖のようなモノ)に飾られており、
ロンドン塔で永久展示されています。