【エルメス】オータクロア

以外と知られていない?エルメス最初のバッグ。

こちらのオータクロアは、デザインや見た目がエルメスで最も有名で人気のあるバッグ『バーキン』と、非常に似ている為、あまりエルメスを知らない方には同じバーキンに見えてしまうほど全体的なデザインが似ているバッグです。

しかし、歴史からするとこちらのオータクロアの方が古く
『エルメスが最も初めにリリースした』バッグがこちらのオータクロアです。
”バーキン”の原型ともされています。

エルメスのブランドロゴにもあるように、エルメスは元々『馬具制作』の有名ブランドですが、
3代目に当たる孫の『エミール=モーリス』が事業の多角化を図り1892年頃に販売したのが始まりです。
元々こちらのオータクロアも『馬の鞍』を入れる為にデザインされていたとされ、
丈夫で重いモノを入れても十分に耐えれるしっかりした作りが印象的でもあります。

発売当初は『サック・オータクロア』という名前でしたが、
今は『オータクロア(又はオタクロア)』と改名されています。

バーキンと比べると、縦長でクロアを止める金具部分の形が違うのが特徴的です。

オータクロアのサイズ

オータクロア28横幅28cm×高さ24cm×奥行き14cm
オータクロア32横幅32cm×高さ27cm×奥行き16cm
オータクロア45横幅45cm×高さ28cm×奥行き25cm
オータクロア50横幅50cm×高さ41cm×奥行き26cm
オータクロア55横幅55cm×高さ45cm×奥行き28cm
オータクロア60横幅60cm×高さ48cm×奥行き30cm