ピンクゴールドを大阪で高く売るには?特徴やお手入れ方法も!

 | ,  |  | 0

ピンクゴールドを大阪で高く売るには?特徴やお手入れ方法も!

ピンクゴールドは、数あるジュエリーの中でも幅広い年代の女性に人気のある色です。
ピンクゴールドは肌に馴染みやすく、色合いも可愛らしく評判があります。
そんな中で、もう使わない・眠ったままのジュエリーやピンクゴールド製品があるという場合、大阪の買取店に買い取ってもらうのはいかがでしょうか?
ピンクゴールドに限らず、貴金属製品を買い取ってもらう上で、重要なポイントを知っていますか?
今回は、ピンクゴールド製品を買い取ってもらうために注意したいポイントや、ピンクゴールドの純度に関して紹介していきましょう。

■ピンクゴールドの色はどうやって作っている?

ピンクゴールドは大阪でもジュエリーや時計などで人気があるカラーです。
そもそもピンクゴールドの色はどのように作り出しているのでしょうか?
ピンクゴールドは純金ではありません。
ピンクゴールドやイエローゴールドなどのカラーゴールド製品は、純金と銅を混ぜ合わせて作る合金と呼ばれるものでできています。
純金に混ぜる金属のことを「割金」と呼び、割金に使用する金属の種類や量に応じて色が変化していくのです。
ピンクゴールドの場合、純金に銅・銀・パラジウムを混ぜ合わせて作られています。
その中でも銅の割合は多く、だいたい「銅:7・銀:2・パラジウム:1」の割合となっています。
つまり、ピンクゴールドのピンクは銅の色を意味していると言っても良いでしょう。

■ピンクゴールドの純度と耐久性

純金にはそもそもK22、K20、K18、K14といった純度が設定されていますが、ピンクゴールドも同様で、割金の量を変更して作られます。
ピンクが弱いものはそれだけ純度が高く、ピンクが強い色のものは純度が低くなるでしょう。
ピンクゴールドに含まれる銅・銀・パラジウムは変形や傷による耐久性がそれぞれ異なります。
この中でピンクゴールドは銅が最も多く含まれていますが、この銅は硬度が高いと言われており、耐久性が高い製品であると言えます。
人気のカラーゴールドの中でも、ピンクゴールドやレッドゴールドは銅を含む量が多く、最も耐久性に優れているのです。
金の純度が高いほど査定額も高くなり、純度が低くても耐久性があり質が良いものなら大阪でも良い査定額がつくでしょう。

■ピンクゴールドは変色しやすい

大阪で金やプラチナ、ピンクゴールドの買取査定を依頼する時、気になる要素はピンクゴールドに変色が起きているかどうかでしょう。
純度が高いゴールド製品は変色しませんが、ピンクゴールドは年月が経ったり使用頻度によって少しずつ変色していきます。
それは、銅・銀・パラジウムが変色する性質を持っていることや化学反応、傷などが原因です。

・化学反応による変色
ピンクゴールドは割金で銅を最も多く含みます。
この銅こそが、貴金属の中で最も変色しやすい性質を持っているのです。
銅は酸化に弱く、酸素や油分、硫黄などと化学反応を起こしやすいと言われており、化粧品や皮脂、入浴剤や温泉の硫黄の影響をい受けてしまいます。
こうした化学反応が起こることで、黄色や茶色がかった色に変色してしまうのです。
更に、酸素との化学反応を起こすので、何もしなくても変色は避けられないというのも特徴です。

・傷が原因となることも
ピンクゴールドのジュエリーは、表面に付いた細かい傷が原因となって色が薄く感じられることがあります。
たくさん傷がついていると光を乱反射させるため、色が薄く見えてしまうわけです。

・メッキは剥がれやすい
下地にニッケルを使用し、その上からピンクゴールドのメッキ加工を施している製品の場合、長年使用することでそのメッキが一部分だけ剥がれてきてしまうことがあります。
ピンクゴールドは表面だけということになるので、そのメッキが剥がれれば、当然下地の色が露出してしまいます。
しかし、同じメッキでも技術の違いで剥がれにくい場合もあるので、一概には原因とは言えません。

■高く買い取ってもらうためにはお手入れが重要

ピンクゴールド製品は、傷や汚れを防ぐためにも普段からお手入れすることが大切です。
使用後は柔らかい布やガーゼなどで汗や化粧品などの汚れを拭くようにしましょう。
また、衣類の着脱時や、お風呂・温泉に入るときには外すよう心がけたることも変色を防ぐことに繋がります。
また、使わないときには傷が付かないようにきちんと収納し、他のジュエリーと接触しないようにすることも大切です。
様々な要因でピンクゴールドは変色しやすいです。
特に汚れが原因の変色である場合、ぬるま湯に中性洗剤を適量溶かし、ジュエリーを5~10分浸します。
その後、柔らかい布やガーゼなどで拭き取れば落とすことができます。

ピンクゴールドのジュエリーをいずれは売りたいと考えている人や、長く愛用したいと思っている人も、普段からのお手入れを大切にしましょう。
大阪の買取店でも、状態は問わない場合は多いですが、ピンクゴールドの色が剥がれていたり、変色しているよりも美しいままの方が高値が付きやすいです。
メンテナンスや傷に悩んでいる場合は、プロに相談したり、状況に応じて修理に出すのも良いでしょう。
大阪では買取店がたくさんあり、気軽に立ち寄りやすく、査定も無料で行っています。
より高く買い取ってもらうために、お店選びもしっかりと行っておきましょう。