大阪でゴールドの大判小判レプリカは売れる?

 | ,  |  | 0

大阪でゴールドの大判小判レプリカは売れる?

安土桃山時代から江戸時代に発行されたゴールドの大判小判は、楕円形の形をした貨幣のことをいいます。
当時の現物はコレクターズアイテムとして非常に人気が高くプレミアがついていますが、レプリカは大判小判の複製品で一般的に流通しているものです。
しかし、レプリカといえども、かなり高価格で取引されるので侮ることはできません。
では、大阪の買取業者ではレプリカを売ることができるのか、大判小判のレプリカはどのくらいで価値で売れるのでしょうか?
今回は大判小判のレプリカについてご紹介していきます。

■レプリカって何?

江戸時代特に多く発行された大判小判は、大阪でもオークションなどでかなり高額で取引されていますが、ここでは本物同様のレプリカについて取り上げていきます。
レプリカだから価値がないと思う方もいるかもしれませんが、実は高価格で買取された事例があることをご存知でしょうか?
今ではスポーツのユニホームやトロフィーのレプリカ、バイクレーサーのレプリカなど幅広く使われていますが、そもそもの意味は複製品です。
本物を忠実に再現しているため複製品でも精巧な仕上がりになっていますが、本物ではないということは理解しておきましょう。
レプリカは「限りなくそっくりなもの」として楽しむためのものです。
もともとの語源は美術用語であるため、立体型の複製品に使われたり、絵や写真など平面のものをコピーしたり、今では目にすることができない品物が壊れてしまった場合貴重なものとして復元させるものとして使い分けています。

■小判・大判のレプリカの違い

江戸時代に流通した貨幣には、大判と小判がありますが具体的に何が違うのでしょうか?

【小判】

美術品を鑑定するテレビ番組をよく見かけるかと思いますが、その中で江戸時代の小判が登場する場面が多くあります。
金色に輝く綺麗な品物でも、はレプリカだったり、文字がかすれて薄くなっているのに本物だったりするので素人では正確に判断することはできません。
本物の小判は、数百万円とかなり高額な値段がつけられることもあるのですが、レプリカの場合は0円~数万円というケースもあります。
小判は流通量が少ないため、贋金としてではなく鑑賞用や記念品としてレプリカが作成されることが多いようです。
しかし、こういったレプリカは一つの作品として評価されることもあるので、意外と高値になることもあるでしょう。

【大判】

大判のレプリカは、小判のレプリカと同様に精巧に作られた作品が多く、素人の判断ではどのくらい価値があるのか見抜くことはできません。
小判と違い一般庶民が普段から使っているものではなかったため、綺麗に墨書きが残った保存状態のものもあります。
レプリカではなく本物だった場合は、判が大きいだけに金の含有量も多くなるはずですから高値が期待できるでしょう。
数百万円と小判同様の値がつくこともあるので、お手元にある場合は一度プロの鑑定士にみてもらってください。
小判も大判も江戸時代の流通量が多く、流通期間も長かったのでもしかしたら物置を整理した時に代々受け継がれてきた本物の大判が眠っていたということもよくある話です。
中にはレプリカだったというケースもありますが、本物以上の値段になることはなくても高値になる可能性はあります。

■大判・小判のレプリカはプロによる査定がベスト

大判・小判はレプリカといっても、主に18金や24金で作られているため物自体の価値は高くなっています。
中にはメッキでできたレプリカもあるので、金なのかメッキなのか調べたい場合は裏面の刻印を確認してみてください。
本物の金製品であれば「K24」「K18」「K10」などのような、金の純度が刻印されているはずです。
もしくは「1000」「750」などパーセンテージで金含量が刻印されている場合もあります。
もちろん、レプリカでも本物の小判大判を再現させていることもあるので刻印があれば100%本物という訳ではありませんが、刻印の有無は素人でもすぐに判断できる確率の高い見分け方です。
また、オリンピック記念金貨はプレミア価値が高いため高額買取が期待できるので、買取前には必ずチェックしておきましょう。
もしも、刻印のないレプリカであっても、大阪の買取業者では専門的な知識によりしっかり査定することが可能です。

金製品や高級品査定に対応している大阪の買取業者なら、貴金属査定のプロがしっかり査定してくれるので、適正な価格で買取してもらうことができます。
金のレプリカをより高く売るためには、店舗の選別は非常に大切です。
買取業者によっては宅配買取または出張買取も承っているので、大阪エリア全体はもちろん近隣エリアにお住まいの方も安心して査定依頼ができます。
自宅を整理した際に、大判小判のレプリカが眠っていたという方は一度どのくらいの価値があるのか査定してもらってみてはいかがでしょうか?
金の価値が上がっているタイミングであれば、さらに高額で買取してくれる可能性もあります。